日本クラウド証券では、利用者すべてに資産運用を提案する企業として、さまざまな投資プランを提案しています。
中でも、クラウドバンクにはインターネットを介した小口投資のサービスで、5%以上の年間利回りが期待できる金融商品となっています。
現在、日本の銀行の利回りは0%台の低い水準に落ち着いているため、当社では庶民がお金を運用させる機会として勧められています。
クラウドバンクの大きなポイントは、多くの人が少額で取り引きできるところで、投資の幅を増やすのと同様に高利回りが期待できるメリットがあります。
日本クラウド証券が考案したクラウドバンクには、長期的な投資にも有利な商品で、複利が得られることで資産をより大きくすることも不可能ではありません。
また、クラウドファンドの各種銘柄には複数の投資家に対して貸付を行うので、リスクの分散にも効を奏します。
この方法は、すでにアメリカで実用されている資産運用のため、投資条件が厳しかった当国においても、新たな個人投資の起爆剤となれることを自負します。