交通事故の被害にあうと事故の損害賠償が支払われますが、それが必ずしも妥当な金額であるとは限らない場合があります。
保険会社が示談で提示してくる賠償金額はたいてい、裁判所で定められた基準を下回っていることが多いからです。
このため、保険会社の賠償金の支払いの申し出があってもすぐに返事をせず、それが本当に納得のいくものであるかどうかよく検討する必要があります。
賠償金額の基準には一番低いものから自賠責保険、任意保険、そして裁判所とがあります。
これらの三つがあり、このうちのものです。
事故の被害者だけで保険会社と示談交渉をしようとしますと、自賠責か任意のどちらかの基準に基づいた賠償金額を押しつけられてしまいます。
しかし、弁護士などの専門家に交渉を依頼しますと、一番高い裁判所の基準まで賠償金額を引き上げることが可能となります。
妥当な金額の賠償金を受け取るためには、保険会社から示談の話があったときに専門家に相談するのがおすすめです。→関連ウェブサイト←