どのような会社にとっても現在はインターネットを活用していると思います。
そのような環境で懸念される事はウィルス対策とWebセキュリティだと思います。
ウィルス対策については、対策ソフトを常駐させる事でメールなどの添付ファイルの精査を行い、社内ネットワークへの被害を抑えていると思います。
また、ウィルスの脅威として、特定のホームページやファイルのダウンロード時にウィルスの感染を起こしてしまう事もあります。
ウィルスの中には遠隔操作やファイルの漏洩をしてしまう物もあり、もし企業内の顧客情報などが漏洩してしまった場合非常に大きな代償を払う事となってしまいます。
このようなことから、業務と関係のないホームページなどの閲覧を制限する為のセキュリティの対策をすることも非常に重要です。
業務と関係のないホームページの閲覧を制限する事で、業務の効率化を促すというメリットもありますが、情報の漏洩などのリスクの軽減ができるという事が大きなメリットだと思います。
そのため、Webセキュリティを構築する事で、スパイウェアなどの侵入を防ぎ、情報漏洩などのリスクが軽減されます。
また、Webアプリケーションのぜい弱性を狙った攻撃を検知し、それらの攻撃をブロックすることで、情報漏洩やWebサイトの改竄を防止する事が出来ます。
企業の信頼性を継続する為にもWebセキュリティの強化は非常に重要な事だと思います。