林田学君にはユニークな趣味があります。
彼の家に遊びに行ったとき、その趣味のことを知ったのですが、彼の家には、たくさんのミニカーが飾られているのです。
そう、彼はミニカーのコレクターだったのです。
しかも、かなりのオタクみたいです。
ミニカーと言ったって、子どもが遊ぶトミカとかではありません。
すべてハンドメイド仕上げの本格派。
値段も聞いてみると、一台5000円以上するそうで、高いものだと20万円近くするものもあるそうです。
ミニカーが20万円ですよ。
信じられます?
有名なビルダーが作った作品だとか。
しかし、わたしも車好きなので、眺めていると結構楽しいです。
世界にはこんなにたくさんの車があるのかと驚きます。
彼は一台一台車の解説をしてくれます。
そのときの彼の顔は、まるで子どものように目がランランと輝いていました。