蛇口をひねれば出てくる水にも実は賞味期限があるのを、日本人はあまり認識していないかもしれません。
安全な水がとても身近かつ気軽に使えるからですが、実際ウォーターサーバーなどで水を購入してはじめて、早く飲みきらなくては味が落ちると実感する人もいるでしょう。
なので、実は天然水やRO水といった種類によっても味が劣化する速度が大きく変わるのを知っている人は、意外と少ないと思います。
味が落ちる理由のひとつが、その水に含まれているミネラルです。
必要最低限空気に触れないように工夫されているとはいっても、水の中にも多少の酸素は溶け込んでいるので、その酸素によって水の質が落ちてしまうのは仕方ありません。
つまりスーパーやウォーターサーバーで見かける豊富なミネラルを売りにしている水ほど賞味期限は短くなりますし、軟水よりも硬水のほうが味の質が早く落ちてしまうのです。
対してミネラルも除去したピュアウォーターと呼ばれるものなら、味の劣化も遅くなります。
もちろん、ミネラルが入っているからといってすぐに味が落ちるわけではありませんから、決められた期限までに飲めれば全く問題はありません。
必見!ウォーターサーバーに賞味期限は存在するのか!?