ビットコインのメリットは、いかなる制限も設けないという点です。
私達が日常的に使用している円やドルといった通貨は、銀行を通して決済を行うことが多く、その際には手数料を支払う必要があります。
特に、海外との取り引きになると高額な取り引きが請求されるため、頻繁に海外取引を行う人にとってはかなりの出費となってしまいます。
しかし、仮想通貨ならば、銀行を通さずに本人同士が直接取引することが可能ですし、国の違いによって通貨が変わるということもないので、手数料がかからないということになります。
ビットコインはそれ自体に価格の上下があるので、投機目的に所有するといった利用方法もあります。
今後、仮想通貨が一般的になり需要が一気に高まれば、その価値は急騰する可能性もあります。
ビットコインの供給量には上限が決められているため、その上限に近づいていくにつれて、さらなる価値の上昇も見込まれます。
仮想通貨を利用することについて、安全性を気にする人も多いでしょう。
しかし、仮想通貨は現実の通貨よりも安全な面もあります。
たとえば、ある国の経済状態が悪化してデフォルト危機に陥った場合、政府によって国民の口座が凍結されたりといった措置がとられることがあります。
しかし、仮想通貨であれば国や政府、企業などからいかなる管理も受けていないため、強制的な措置を受けてしまうというリスクを避けることができます。