何度キャッシングの利用を申し込んでも審査で落とされてしまうという人の中には、申請項目に虚偽の内容を記入すれば審査に受かるかもしれないと考える人もいるでしょう。
しかし、これは絶対にやってはいけないことです。
確かに申し込み時に記入する項目の中には嘘を書いてもバレにくい項目もあります。
例えば年収がそうです。
50万円を超えるようなまとまったお金を借りる際には総量規制との絡みから収入を証明する書類の提出を求められることがありますが、比較的少額の借り入れの際には提出しなくてもお金を借りることができます。
しかし、年収を多めに書いてしまうということは、自分の返済能力を超えるような金額を借り入れることができてしまうということになります。
お金をたくさん貰えるならこれでもいいですが、借入の場合には返済していく必要があるわけで、借り過ぎは後々トラブルを引き起こすことになります。
また、必ずバレてしまう嘘もあります。
勤務先がそうです。
キャッシングを利用する際には勤務先に虚偽内容がないか確かめるために在籍確認を行います。
勤務先に電話がかかってきて本当に在籍しているか確かめられてしまうので、嘘を書くのはやめましょう。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE