電話鑑定の占い師はビックリして飛び上がりました。「あなた、誰なのよ」と言います。「ちょっとお願いがあるんだ」と彼は今まであった事をすべて電話鑑定の占い師に話しました。電話鑑定の占い師は「あんたの話も分かるけど、私は忙しいのよ、無理だね」と断りました。ここで諦めてしまったら、彼女に何が起こるかわかりません。彼も引き下がりません。何度も頼みますが、YESと言って貰えないので強行手段しかありません。彼は一晩中、電話鑑定の占い師の家でオペラの歌を大声で歌う事にしました。最初は電話鑑定の占い師は枕を頭にかぶせて聞こえない様にしていましたがついに限界が来ました。「わかったわよ、行けばいいんでしょう彼女の家に」と了承しました。