相互リンクの正しい使い方

相互リンクはSEO対策にとって有効な手段とされています。相互リンクがSEOに力を発揮するのは、たくさんのPVのある人気の高いページからのリンクを獲得することです。人気のあるページからのリンクはリンク先となる自分のサイトのランクにも影響を与えます。
便利な相互リンクですが、申し込むときには守らなければならないルールも存在します。その中の一つが、相互リンクの場合には必ずリンクをトップページにつけるというものです。
相互リンクの場合、高いSEO効果を期待して内部ページからのリンクを嫌う考え方があります。リンクそのものは受け付けてはいるけれども、内部ページへの場合はリンク禁止としているサイトもあるので、相互リンクをするときには充分注意が必要です。現在はホームページの作り方も以前までとは違ってきているので、トップページにたくさんのリンクを掲載しているサイトでも、特に悪く思われることはありません。
相互リンクで問題になるのは相互リンク先の管理人の方針に従わないリンクをしてしまっている場合です。必ず管理人には了解をとってからリンクするようにしましょう。
トップページではないページに貼るリンクのことを「内部リンク」と呼びます。内部リンクは一昔前まではあまりSEOに効果がないものと敬遠されてきていましたが、現在ではわざと内部リンクを行なって適切に誘導をするサイトも増えてきました。
SEOも大切ですが、インターネットの本来の目的である、適切なページへの誘導というルールはできるだけ壊さないようにした方がよいでしょう。
相互リンク募集~無料で一括に複数サイトに登録掲載